1. >
  2. >

レーザーダイオードとは? レーザーダイオードの特長と用途

 

レーザーダイオードの用途例

レーザーダイオードは直進性、微小発光スポットサイズ (数um~)、単色性、高光密度、可干渉性 (coherent) といった特長を生かし、様々なアプリケーションに使用されています。
最近はモーションセンサ、HDD熱アシスト磁気記録、照明 (プロジェクタ、ヘッドライト) にも適用されています。

下表にレーザダイオードの機能別に用途例をまとめました。

【レーザーダイオードの機能別用途例】
機能 特長 用途例
①読込 ミクロンスポットで微細信号の高速読み取りができる 光ディスク (CD, DVD, BD) の読込など
②記録 高出力により有機膜を変色又は結晶の相を
変化させる事により信号を書き込む
ディスク (CD, DVD, BD) の記録など
③感光 感光ドラムに照射する事により信号を描写できる レーザープリンタ、MFPなど
④通信 高速変調に対応でき、多くの情報を伝送できる PC、携帯電話などの光通信
⑤照明 ピンスポットの照射で正確なポインティングができる レーザー顕微鏡、ポインティングマーカ、墨出し器など
⑥測定 距離減衰が少なく、遠くまで光が到達できる 道路の距離測定、車間距離測定、建造物の高さ測定など
⑦感知 干渉縞を容易に作れ、わずかな変化も捉える事ができる 煙報知器、ダスト管理、レーザーマウスなどのセンサ機能

半導体レーザー製品詳細ページへ

エレクトロニクス豆知識