固体水素源型燃料電池システム これまでのポータブル電源の課題を 解消する画期的エネルギーソリューション

コア技術

秘密その2:水素発生制御機構

電気を使った分だけ水素が 発生する「オンデマンド水素供給技術」
特徴

発電時に消費された水素ガスの分だけ容器内の圧力が低下し、 水滴が供給されて水素を発生させる「オンデマンド水素供給技術」。 電気を使わないときは容器内の圧力が下がらないため水の供給が ストップします。

水素発生制御機構 ポンプや電磁弁などの機械部品が不要なため、非常に構造がシンプルです。そのため、壊れにくく、サイズも小さくでき、コストも抑えられます。