Home | FAQ Search
 
FAQ's
Show All Answers
Hide All Answers
showing 1 to 10 of 21
  • タンタルコンデンサの特長は?
    • タンタルコンデンサは陽極にタンタル金属を使った電解コンデンサです。タンタル金属粉の表面に五酸化タンタルの被膜を形成し誘電体としています。特長は下表にありますように他のコンデンサに比べ小型・大容量の製品を作ることができます。セラミックコンデンサの大容量品と比較して電圧・温度に対して容量の安定性が非常に高いのが特長です。
      ・コンデンサの特長比較 一覧
      種類 アルミ電解コンデンサ 積層セラミックコンデンサ タンタルコンデンサ フィルムコンデンサ
      誘電体 酸化アルミニウム 各種セラミック 五酸化タンタル プラスチックフィルム
      使用電圧 4~400V 6.3~250V 2.5~50V 50~1600V
      静電容量 47~10000μF 0.001~100μF 0.47~1000μF 0.001~10μF
      長所 耐圧・容量の品種豊富
      安価である
      高周波特性が良い
      無極性
      小型大容量
      容量が安定している
      耐圧が高い
      無極性
      短所 液漏れによる寿命有り
      サイズが大きい
      有極性である
      容量変化大
      割れ・欠けあり
      故障がショートモード
      有極性である
      容量が少ない
      パッケージ品種がない
      形状
    • Products: Tantalum Capacitors
  • 導電性高分子タンタルコンデンサと一般品の違いは?
    • タンタルコンデンサの陰極側の電極には二酸化マンガンが使われています。導電性高分子の場合、二酸化マンガンの変わりに有機物質を使用することで一般タンタルより燃えにくく、更にESR(等価直列抵抗)も約1/10に低減できているので高周波や大電流を流す必要がある回路に適した製品です。
      ・導電性高分子

      ・一般品
    • Products: Tantalum Capacitors
  • オープン機構付と一般品の違いは?
    • オープン機構付のタンタルコンデンサの構造は素子とフレームの間に感熱型のワイヤを張っている点が一般品と異なります。電気的過負荷が印加され、ワイヤ部の温度が300℃に到達した時にワイヤが溶断し電流を遮断することで発煙・発火を抑制します。

      溶断したワイヤが再び繋がることなく、一度動作するとオープン状態を維持します。
    • Products: Tantalum Capacitors
  • 寿命はありますか?
    • アルミ電解コンデンサのような電解液を用いていないため液漏れやドライアップの心配がなく、経年による性能変化が非常に少ないため、タンタルコンデンサには寿命の定義はありません。
    • Products: Tantalum Capacitors
showing 1 to 10 of 21
of 3