Home | FAQ Search | マイコンと3線仕様で使う場合Doの出力に制限抵抗をつける構成にデータシートに記述されていますが、これは必須なのでしょうか?
 
FAQ's
  • マイコンと3線仕様で使う場合Doの出力に制限抵抗をつける構成にデータシートに記述されていますが、これは必須なのでしょうか?
    • マイコンのDI/O出力とEEPROMのDO出力のデータ衝突が以下の2点で発生するので抵抗が必要になります
      1.読み出し命令時のA0アドレスデータを取り込む1クロックサイクル。
      アドレスデータA0="1"入力のとき、ダミービット"0"出力と衝突して貫通電流経路が発生します。
      2.書き込み命令後のCS="H"のタイミング。
      書き込み命令後のコマンド入力時にマイコンDI/O出力を"L"としたままCS入力を立ち上げるとDO端子からREADY出力"H"が出力され、貫通電流経路が発生します。
      このときDI=H,SK=HとしてCS入力を立ち上げるとスタートビットとして認識されるためCS入力立上げ時はSK=Lとしてください

      対象製品: BR93Lxxシリーズ, BR93Axxシリーズ, BR93Hxxシリーズ