Home | FAQ Search | ウイスカ評価はどのように行っていますか?
 
FAQ's
  • ウイスカ評価はどのように行っていますか?
    • 評価試験として3項目行っています。1つ目として温度サイクル試験があります。試験条件は、-30℃ / 80℃で、3000サイクルで実施します。2つ目の試験として、高温高湿試験があります。試験条件は、60℃、85%RHで、2000時間(約83日間)実施しています。3つ目の試験は、常温放置試験です。試験条件は3000時間(約125日間)です。実施した後、製品電極表面をSEM(走査電子顕微鏡)観察して判定しております。故障判定基準は、ウイスカ成長が0.1mm以下の長さであることです。