Home | FAQ Search | セラミックコンデンサの選定ポイントは?
 
FAQ's
  • セラミックコンデンサの選定ポイントは?
    • セラミックコンデンサの容量はDCバイアス特性/温度特性/径時変化を持つため、場合によっては定格容量の20%~30%程度になってしまうこともあります。よって選定を誤ると出力が発振してしまう恐れがあり、想定できる環境・条件でセラミックコンデンサの容量が社外仕様書記載の容量に対して十分マージンを持って選定をお願いいたします。
      セラミックコンデンサは耐圧、形状などによって特性が異なる為、一概にどのセラミックコンデンサが問題ありませんとは言い切れませんが、一般的には
      ◎B特・X5R・X7R特性
      ◎印加電圧に対して耐圧が高い
      上記のようなセラミックコンデンサについては容量の減少が少なくなる傾向があります。
      詳しい特性については各社メーカにお問い合わせ頂きます様お願いいたします。