Home | FAQ Search | 過熱保護回路とは?
 
FAQ's
  • 過熱保護回路とは?
    • TSD (Thermal Shut Down)と一般的にいわれています。チップ表面温度を検出し、絶対最大定格を超える発熱からレギュレータIC保護する回路です。設定温度までチップ温度が上昇すると、レギュレータICの出力をオフします。TSDはチップ温度が下がれば自動的に復帰します。復帰温度はヒステリシスを持っており、TSD動作温度から20℃程度下がれば復帰いたします。