Home | FAQ Search | 遅延時間のばらつきを抑える方法はありますか?
 
FAQ's
  • 遅延時間のばらつきを抑える方法はありますか?
    • 遅延時間のばらつき要因に遅延回路抵抗RCTがあります。
      この影響を抑えるためにCT端子とVDD端子に外付け抵抗をつけます。RCTのばらつきを無視できる大きさ(RCTより小さな値)の抵抗値にすることで遅延時間のばらつきを抑えることができます。抵抗値を小さくすると遅延時間が早くなるので、CT端子のコンデンサを大きくすることで調整します。