1. >
  2. >
  3. >

品質への取り組み

環境負荷物質管理

環境負荷物質管理について

環境負荷物質管理に係わる法規制が益々強化される中、2006年7月RoHS指令、2007年3月中国RoHS指令、2007年6月には、REACH規則(化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規則)が施行され、地球環境に配慮した製品づくりが要求されています。
ロームでは、グリーン調達を推進し、調達部品・材料に含有する環境負荷物質の調査精度向上に重点を置き、禁止物質が「入らない」「使用されない」「出荷されない」為の管理システムを構築し、お客様に安心してお使いいただける製品を提供しています。

環境負荷物質管理

ロームでは、RoHS指令で禁止された6物質以外に他の環境関連法で規制されている物質やお客様からのご要求に対応できる禁止物質及び自主禁止物質を定めております。これらの環境負荷物質につきまして、ロームではグリーン調達基準書を定め、すべてのお取引き先さまより、禁止物質不使用保証書などを提出していただいております。
また、お取引先さまより納入いただいた材料・部品及びお客さまに納入する製品は、ローム品質保証部及び各生産拠点に導入した誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-AES)、蛍光X線分析装置などを用い、定期的に環境負荷物質の含有状態を確認しております。
これにより、ロームで禁止している環境負荷物質が「ロームグループに入らない」「ロームグループから出荷しない」体制も確立しております。

蛍光X線分析装置
禁止物質の精密分析を可能とする誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-AES)

発光分光分析装置
蛍光X線分析装置(XRF)

ISO/IEC17025
ISO/IEC17025
(JISQ17025:2005)の認定登録証

RoHS指令対応について

ロームの製品は、2004年に鉛フリー化を完了しRoHS指令に適合した製品を供給しています。

(一部カスタム品で、お客様からの要求がある製品を除く)

※RoHS指令:(2002/95/EC、the restriction of the use of certain hazardous substances in electrical and electronic equipment)

RoHS規制6物質

製品には規制適用除外用途を除き、
最大許容濃度を超える特定有害物質を含有していません。

【特定有害物質(規制しきい値)】

  • 鉛及びその化合物(1000ppm)
  • カドミウム及びその化合物(100ppm)
  • 水銀及びその化合物(1000ppm)
  • 六価クロム及びその化合物(1000ppm)
  • ポり臭化ビフェニル(PBB)類(1000ppm)
  • ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)類(1000ppm)

ロームの製品をご使用いただくことにより、RoHS指令に対応していただくことができますので、お困りのお客様は是非弊社製品をご検討ください。