1. >
  2. >

DC/DCコンバータとは? DC/DCコンバータはなぜ必要?

 

コンセントを挿して動作する電化製品は、AC(交流)100VをDC(直流)に変換する 『AC/DCコンバータ』 が必要です。
これは半導体部品のほとんどがDCでしか動作しないためです。
セットの基板に搭載されているICなどはそれぞれ固有の動作電圧範囲をもち、電圧精度の要求も違います。
電圧が安定しないようなラフな電源で供給すると、誤動作や特性劣化などのトラブルを招いてしまいます。
このため、必要な電圧に変換したり安定化するために 『DC/DCコンバータ』 が必要となります。

DC/DCコンバータが必要な理由

DC/DCコンバータで、電圧を安定にする装置のことを電圧レギュレータといいます。

パワーマネジメント / 電源IC製品詳細ページへ

エレクトロニクス豆知識