1. >
  2. >

D/Aコンバータとは? デジタルの世界は2進数

1. デジタルの世界は2進数

デジタルの世界は2進数で表現されますが、2進数と相性がよく人間にも分かり易い16進数もよく使われます。
2進数は、数字0、1のみを使って数を表現します。0/1と対になる表記として、L/Hが使われる場合もあります。

10進数=Decimal 2進数=Binary 16進数=Hexadecimal

何進数かを明記するために、数字の後ろにd、b、hをつけることがあります。

【例】11d(もちろん10進数で11)、11b(10進数で3)、11h(=17d)

2. 10進数⇔2進数⇔16進数の変換

2. 10進数⇔2進数⇔16進数の変換 - 図1

【10進数⇔2進数⇔16進数の例】

10進数 2進数 16進数
63 0000 0011 1111 0 3 F
127 0000 0111 1111 0 7 F
255 0000 1111 1111 0 F F
1023 0011 1111 1111 3 F F
4095 1111 1111 1111 F F F

3. 覚えておきたい数字

2進数は1けた増えると表現できる数が2倍になります。
赤部はA/DコンバータやD/Aコンバータでよく使われます。

3bit=8段階 4bit=16段階 5bit=32段階 6bit=64段階 7bit=128段階 8bit=256段階 9bit=512段階 11bit=2048段階12bit=4096段階 14bit=16384段階 16bit=65536段階

【bitとは】
2進けたを意味するバイナリーディジット(binary digit)の略で、0あるいは1のいずれかの数字で表される2進数の1けたをbit(ビット)と呼びます。

D/Aコンバータ製品詳細ページへ

エレクトロニクス豆知識