1. >
  2. >

ロームシアター京都

文化の発信地「ロームシアター京都」が華々しくオープン

伝統文化を守りつつ新たな可能性を生み出す
サステナブルな場所へ

長年にわたり音楽芸術を支援してきたロームは、京都市民の皆様に親しまれてきた「京都会館」の再整備にあたり、50年間のネーミングライツという形で協力し、2016年1月10日、「ロームシアター京都」がオープンしました。
ロームシアター京都がある京都岡崎地域は、歴史的な神社や美術館がある京都屈指の文化エリアです。今後はロームシアター京都で世界的なコンサートや公演が催される予定であり、同施設が日本を代表する文化の殿堂として広く愛されることを願っています。

世界的なオペラ、バレエなどの総合舞台芸術が公演可能な2,005席の「メインホール」©小川重雄 世界的なオペラ、バレエなどの総合舞台芸術が公演可能な2,005席の「メインホール」

舞台と客席の距離が近く一体感が得られる716席の「サウスホール」
©小川重雄
舞台と客席の距離が近く一体感が得られる716席の「サウスホール」

野外のイベント空間。隣接する公園と一体となった憩いの場「ローム・スクエア」©小川重雄 野外のイベント空間。隣接する公園と一体となった憩いの場「ローム・スクエア」

ロームシアター京都を通じて音楽の素晴らしさを伝える活動

音楽の素晴らしさを次世代に伝える「子どものためのオペラ」ローム クラシック スペシャル

ロームとローム ミュージック ファンデーションは、世界的指揮者である小澤征爾氏が行う若手音楽家育成プロジェクト「小澤征爾音楽塾」の支援を継続的に行っています。
2017年3月には、ロームシアター京都で、「子どものためのオペラ」として歌劇「カルメン」の第1幕が披露され、招待された京都の小学生がその豪華なステージを楽しみました。
また、オペラ解説や、楽器紹介のコーナーもあり、工夫を凝らした各楽器の演奏に小学生たちは身を乗り出しながら聴き入っていました。
ロームシアター京都でのこの活動が、子どもたちに音楽の素晴らしさを感じてもらい興味を持つきっかけになることを願っています。

ロームシアター京都での「子どものためのオペラ」に招待された京都の小学生(2017年3月、2公演)

「子どものためのオペラ」の様子©大窪道治

「子どものためのオペラ」の様子©大窪道治

「子どものためのオペラ」の様子©大窪道治

「子どものためのオペラ」の様子©大窪道治

地域に音楽が溢れるイベント「ローム ミュージック フェスティバル」

 ロームとローム ミュージック ファンデーションは、若い音楽家の学ぶ環境の充実に取り組んでおり、そのなかで関わった「ロームミュージック フレンズ」は延べ4,755名を超え、その多くの方々が現在プロの音楽家として世界を舞台に活躍しています。
2016年4月23、24日には、ロームシアター京都を全館貸し切るとともに野外ステージを設置し、「ローム ミュージックフレンズ」や地域の学生による演奏を楽しんでいただく音楽の祭典「ローム ミュージック フェスティバル」を初めて開催しました。
期間中は地域一帯に音楽が溢れ、多くの方に楽しんでいただくことができました。

「ローム ミュージック フェスティバル」©佐々木卓男 「ローム ミュージック フェスティバル」

「ローム ミュージック フェスティバル」