1. >
  2. >

ステークホルダー参画

ステークホルダーとの対話を重視

企業が存続していくためには、その企業を取り巻く多様なステークホルダーの声を経営に組み込んでいく必要があります。

ロームグループでは、日常的な営業活動やCSR監査などを通じて、お客様からさまざまなご指摘やご要望をいただいています。お取引先様に対しては、工場監査などの機会において直接ご要望やご意見を伺っています。社員との対話については、社員意識調査を2年に1度実施し、現場の声を吸い上げたり、職場環境や処遇に関して経営層と従業員代表が協議する会議を定期的に開催するとともに、社長と社員による対話を頻繁に実施し、さまざまなテーマで社員からの意見や提言を収集しています。

また、できるだけ多くの株主・投資家の方々から直接ご意見をお伺いするために、国内外でのIRミーティングを実施しています。さらに、国内外の教育機関との共同研究や社会貢献活動などを通じて世界各国の方々と交流を深めています。

ロームグループは、こうしたステークホルダーとの対話機会を大切にし、いただいたご意見やご要望をしっかりと事業活動やCSR活動に生かしています。

ステークホルダーとの主な対話機会
お客様 CSR監査、日常的な営業活動
お取引先様 サプライヤーミーティング、品質監査、CSR調達監査、環境監査
社員 社長と社員との対話、労使対話、社員意識調査
株主・投資家の皆様 株主総会、国内外でのIRミーティング
社会・地域の皆様 教育機関との共同研究、社会貢献活動

意見交換会(ワイガヤ会議※1

写真 - 意見交換会(ワイガヤ会議)

投資家向け説明会・対話

写真 - 投資家向け説明会・対話

ワールドカフェ※2

写真 - ワールドカフェ

製品開発・技術動向説明会

写真 - 製品開発・技術動向説明会

地域との対話および工場見学

写真 - 地域との対話および工場見学
※1 ワイガヤ会議とは…
ワイワイガヤガヤと、自由に意見を交わす会議。
※2 ワールドカフェとは…
短時間でたくさんの人の意見を集め、全員が発言することができる会議。

社員意見の経営への組み込み

ロームが創業時に開発した抵抗器 ロームが創業時に開発した抵抗器

創業時から受け継がれてきた「ベンチャー精神」に基づく自由闊達な風土は、ロームの大きな特長の一つです。社長と社員が対話する場を多く設定し、参加者一人ひとりが自由な発想で会社の将来を構想し、忌憚のない意見を交わしています。

社長と社員との対話を積極的に実施

社長と社員との対話を積極的に実施

ロームは、社員との対話を重要視しています。社員も重要なステークホルダーであり、また、社員の満足度を向上させることが他のステークホルダーの満足度を高めることにつながると考えているからです。

こうした考え方に基づいて、ロームでは社長と社員との対話を継続して実施しています。こうした対話機会において、社長からは会社が置かれている状況が伝えられます。

社員からは現場で感じているさまざまな課題が提起され、皆でこれらを解決するためのアイデアを出し合います。「職場環境の改善」や「顧客満足度をいかに高めるか」など、取り上げるテーマは多岐にわたるため、時には5時間以上も白熱した議論が続くことがあります。

社員の意見を生かして開発・営業体制の改革が実現

社員から寄せられた意見は、実際に会社の仕組みや取り組みの改善に生かされています。

例えば、「お客様の多種多様なニーズに応えるための体制の強化が必要」という意見が発端となり、市場別の商品戦略部門を新設することになりました。また、「世界中の多くの地域で事業を展開されているお客様は、各地域で均一で上質なサービスを求めている」という意見に基づいて、営業体制を「地域別」から「お客様別」に再編し、複数の地域に事業を展開されているお客様を一つの営業グループが担当することとしました。

ロームでは、今後もこうした対話機会を多数設けて自由闊達な議論を重ね、社員の意見を積極的に経営に組み込んでまいります。