1. >
  2. >

コンプライアンス

ロームグループ行動指針

ロームグループ行動指針 ロームグループ行動指針

ロームグループでは、日々の事業活動のなかで遵守すべき倫理上の基本的なルールを明らかにした「ロームグループ行動指針」を7ヵ国語に翻訳し、全社に展開するとともに、研修会や「リーガルeラーニング」などの社内教育・啓発活動を通じて、コンプライアンス意識の浸透および向上を図っています。

また、ロームグループとして対応すべき倫理規範として倫理基本方針を定めています。

2014年度は、10月の「CSR月間」のなかで部署別勉強会を開催し、社員への教育・啓発を実施しました。

ロームグループ行動指針

コンプライアンス・ホットライン

ロームでは、コンプライアンス・ホットラインを設置し、非正規社員を含む全社員から国内グループにおけるコンプライアンス違反に関する相談・通報を受け付け、違反の早期把握と適切な対応に努めています。

また、海外関係会社においてもコンプライアンス・ホットラインを設置しています。さらに、ロームと国内外の主要生産会社では、お取引先様向けのコンプライアンス・ホットラインを設置しています。

2015年度よりコンプライアンス・ホットラインの制度のさらなる透明性を高めるため、国内グループにおいて外部の法律事務所に通報窓口を設置しています。

お取引先様向けコンプライアンス・ホットライン

社内教育・啓発活動の強化

法務ガイドブック legal guide book

ロームでは、新入社員から主任、係長、管理職クラスを対象とした階層ごとのコンプライアンス研修のほか、個人情報保護法、独占禁止法、下請法、金融商品取引法(インサイダー取引防止)、PL法などの個別テーマに関する研修、社員向け「リーガルeラーニング」の実施など、社内で継続的にコンプライアンス教育・啓発活動を実施しています。

また、社員からのコンプライアンス教育に関するニーズに対応し、国内においては「法務ガイドブック」を、海外においては「Compliance Training Program」を作成し、教育に活用しています。

また、2015年度のCSR月間(10月)には昨年に引き続き「法務ガイドブック」を活用し、各部署ごとに、コンプライアンスの再徹底を実施しました。

腐敗防止(贈収賄防止)の徹底

ロームグループでは、「贈収賄防止管理規定」を制定し、国内外の全関係会社において、腐敗防止の徹底に努めています。
また、ロームの階層別研修では贈収賄防止に関する説明を実施しています。