1. >
  2. >

環境マネジメントシステム

地球環境保全に向けた取り組み

地球環境保全に向けたロームの取組み

ロームグループでは、環境方針を軸としたさまざまな環境保全活動を進めています。環境に貢献する企業活動は、環境に優しい製品をつくると同時に、つくる際の環境負荷を削減することであると考えています。

特に地球温暖化防止については、自社の事業活動にともなうCO2排出量やその他の温室効果ガスの削減に意欲的に取り組んでいます。

また、今後は生物多様性の観点からも長期的な目標設定や方針を定め、持続可能な社会を実現するための取り組みを行っていきます。

環境に関する詳細情報(環境データブック)

環境マネジメントシステム

ロームグループでは、環境の国際規格ISO14001を基本としたロームグループ共通の環境マネジメントシステムをグループ全体に展開し、環境負荷低減のため継続的改善に全社員で取り組んでいます。ロームグループの環境活動は絶えずグローバルな視点をもって連結ベースで展開しています。

ISO14001の認証については、1998年5月にローム本社が取得したのを皮切りに、グループ各社も個別に認証取得を完了しましたが、ロームグループ各社が環境問題を個別に取り上げるのではなくグループ全体の問題として取り上げ、個別の取り組みとグループ全体としての取り組みを明確にし、効果的な環境活動と情報の一元化を図るために、統合認証を取得することを決定しました。 2000年11月に日本品質保証機構JQAの審査により、国内グループ全体とROHM KOREAをあわせてISO14001統合認証を取得しました。

海外生産拠点においてもISO14001規格の自己宣言による環境マネジメントシステムを構築しています。日本国内と同等のマネジメントシステムを維持するために共通のマニュアルにより、ローム本社審査チームが、自己宣言の妥当性を年1回定期的に、厳しく審査しています。また、2009年11月から、ラピスセミコンダクタグループが、2013年にはアメリカのKionix社も統合認証に加わり、活動を展開しています。

組織図

グループで連携した環境マネジメントシステムの構築

統括内部環境監査クロスチェックの様子 統括内部環境監査クロスチェックの様子

ロームグループでは、環境の国際規格ISO14001を基本とした共通の環境マネジメントシステムを展開し、環境負荷低減に取り組んでいます。
「統括内部環境監査」では、ロームの監査員がグループ各社における環境管理システムの有効性や関連法の遵守状況を確認し、システムの継続的な改善につなげています。
また2015年度は、さらなるレベルアップをはかり、拠点間による相互監査として「統括内部環境監査クロスチェック」を国内外で実施するとともに、世界各拠点の環境担当者が集まる「グローバル環境連絡会議」を開催し、最新の環境規制などの動向やグループ内における先進的な取り組みを共有しました。

統括内部環境監査クロスチェック実施担当者

2015年11月、私たち中国・大連の生産拠点と天津の拠点は、統括内部環境監査クロスチェックを実施しました。
クロスチェックは、環境マネジメントシステムの運用や現場における管理状況を互いに確認し、先進的な取り組みを共有することを目的としています。今回は、より安全な薬品保管方法や、環境目標達成に向けた管理手法などを現場で確認することができ、非常に有益でした。
この経験を通じてさらに環境に関する知識やスキルを高め、グループの環境管理システムをより向上させていけるよう取り組みを継続していきます。

ROHM Electronics Dalian Co., Ltd.
管理部 環境管理課

姜 莉斌

ROHM Electronics Dalian Co., Ltd. 管理部 環境管理課 姜 莉斌