1. >
  2. >

品質マネジメントシステム

品質第一の追及

ロームグループでは、新製品の開発・設計、工程設計から生産システムの開発、原材料の購入、そしてすべての生産プロセスにおいて細心の注意を払い、かつ営業をはじめ管理部門に至るまで、全社員が企業目的にある「品質第一」を追求し、常に高い品質を意識し、お客様に満足していただくための活動に日々取り組み、努力しています。

こうした活動を継続するため、品質保証体制の強化・運用に努め、品質管理・品質保証に関して全社員に徹底した教育を実施しています。

品質管理基本方針

ロームグループの品質保証体系

ロームグループの品質保証体系

品質委員会

ロームでは、"お客様視点の品質"向上に取り組み、お客様に満足いただける高品質な製品を、そしてより高い品質保証体制の実現を図るため、経営層を主要メンバーとする品質委員会を組織し品質改善のための意思決定と着実な改善PDCA推進のためのレビューを行う体制を構築しています。
品質委員会で意思決定した内容は全社に展開され、一丸となって各種活動を推進し、ステークホルダーの皆様の信頼を獲得し、社会への貢献に努めています。

お取引先様とのパートナーシップによる材料品質向上

サプライヤー品質保証マニュアル サプライヤー品質保証マニュアル

ロームではこれまでも、お取引先様と品質目標を共有し、パートナーとして高いレベルの品質の実現を目指すことを理念とした活動を進めています。

また、ロームグループの品質保証について、車載向け材料と一般向け材料にわかりやすくまとめ直した「サプライヤー品質保証マニュアル」を日本語、英語、中国語で作成し、お取引様に配布しました。

今後も、お取引様と協力し、より一体化したグローバルなサプライチェーンの構築・強化を図っていきます。

品質マネジメントシステムの認証規格取得

海外生産拠点、協力会社を含む多くの拠点で品質マネジメントシステムの国際標準規格ISO9001の認証を取得しています。さらに車載ユーザー様向け製品に関しては、ISO/TS16949・IATF16949の認証を取得しています。お客様に満足していただける高いレベルで安定した品質を確保した製品の開発、生産を追求しています。

※ 品質マネジメントシステムの国際標準規格であるISO9001に米国大手自動車メーカーの共通品質システム基準、および欧州各国の自動車業界用品質システム規格(ドイツの「VDA6.3」、フランスの「EAQF」、イタリアの「AVSQ」)を融合させた自動車業界における品質マネジメントシステムの国際統一規格

品質・信頼のための分析力の向上

本社分析センターでの分析実施風景 本社分析センターでの分析実施風景

ロームグループでは、最新鋭の分析・解析装置を駆使し、品質・信頼性の保証のために日々、研究・開発・評価に取り組んでいます。

ロームは、新製品の研究から不具合品の解析まで、あらゆる目的に迅速に対応できるよう、さまざまな分析・解析装置を完備しています。

また、国内外のQAセンターにも同様の設備を置いており、グローバル体制で取り組みを進めています。

 <主な分析・解析装置>
  ● 集束イオンビーム・走査イオン顕微鏡(FIB-SIM)
  ● 3次元赤外線発熱解析装置(ELITE) 等

徹底した品質教育

ライセンス取得の流れ

開発・営業・製造部門がお客様支援のあらゆる面で「品質第一」を徹底できるように、ロームグループでは品質に関する社員教育に力を注いでいます。

全新入社員を対象とした品質管理の基本手法に関する教育をはじめとして、技術系社員に対する信頼性技術などの教育、職位ごとの品質管理に関する階層別教育などさまざまな教育を実施しています。また、各生産拠点においても、品質に関する教育を行っており、これらの教育(教育訓練センター:教育道場)では、

(1)教育専任化による教育を行い、全員が同じレベルで作業ができるようにする。
(2)人のばらつきをなくす(人のレベルを最高適に合わせる)ことにより、「いつもと同じ」作業、出来映えを確保する。
(3)作業の目的・背景,製品のあるべき姿の重点教育により、異常に対する感度を向上させる。

ことで、品質向上を図っております。

なお、作業者・保全者は、ライセンス(認定)制度により認定された人のみが作業が可能としており、各生産拠点での4M(※)の固定化によって、全世界同じ品質レベルの製品の供給を図っています。
※4M・・・Man(人)、Machine(設備)、Material(材料)、Method(方法)

大連の生産拠点での教育訓練風景 海外生産拠点での教育訓練風景 大連の生産拠点での教育の様子

教育訓練センター(教育道場) 教育訓練センター(教育道場):標準書に基づく作業内容、目的、作り込む品質、作業の急所、過去の不具合内容などに関する教育・訓練を実施 教育訓練センター(教育道場):標準書に基づく作業内容、目的、作り込む品質、作業の急所、過去の不具合内容などに関する教育・訓練を実施 標準書に基づく作業内容、目的、作り込む品質、作業の急所、過去の不具合内容などに関する教育・訓練を実施