1. >
  2. >

知的財産

知的財産に関する基本的な考え方

基本方針
  1. 特許法・著作権法・その他の知的財産権に関する法令の遵守。
  2. 発明発掘から権利行使まで一貫した権利取得体制を構築し、自社製品を適切に保護する。
  3. 効率的な出願を行い、特許出願などの質の充実を図る。
  4. 戦略的な係争対応によりロイヤルティ収支の適正化を実現する。

ロームは、お客様にローム製品を安心して使用していただくため、特許を中心とする知的財産権の適正な確保と運用が不可欠と考え、独自の制度で発明の届出を積極的に奨励するとともに国内外に多くの特許出願を行っています。

また、他社の知的財産権を尊重するとともに、お客様の利益を損なうような他社からの知的財産権の行使に対しては、一体となってお客様の利益を守っていく体制をつくっています。

職務発明報奨制度

ロームでは、職務発明に対し報奨金制度などを設け、さまざまな制度で知的財産の創作活動を奨励しています。発掘または届けられた発明については、ローム製品および他社製品に実施されるものや将来性などを評価し、権利化した後に適切な運用ができるように管理しています。このため、優れた発明をした者に対しては報奨金制度や社長賞などによる表彰制度を設け、発明に対するインセンティブを高めています。

また、実績補償やライセンス補償など会社への貢献度に応じた比率で支払われる額には上限を設けず、発明者への報奨を充実させています。

社員に対する特許教育

新入社員知的財産研修 新入社員知的財産研修

ロームでは、特許などの知的財産についての意識を向上させることにより、知的財産権に関する法令を遵守し、自社製品を保護する目的で教育を行っています。特に発明発掘から権利行使までの一貫した権利取得を定着させることにより、自社製品の開発に伴う発明を発掘し、技術動向により密着した出願を行っています。例えば、技術部門に限らず新入社員への入社時研修における知的財産権の重要性に関する研修や、開発部門への階層別研修など職位に応じた研修を行っています。

また、ロームでは、開発に際し、他社の知的財産権を尊重すべく、各部署・チームに特許調査ツールを導入するとともに、関連する技術分野の他社登録公報をモニタリングしています。

特許出願および特許権の動向

ロームでは、創出された発明を効率的に活用するため、外国においても積極的に権利化を図っています。特に市場や競合他社などの関係を考慮し、米国以外の国への出願も行っています。

また、効率的に特許権などを運用するため、自社・他社ともに製品・事業などの実施が見込めない特許などについては、再評価を行うなど適切な資産・経費の管理を行っています。

商標・意匠について

ロームでは、ロームブランドとしてお客様に認知されるよう、品質やサービスだけでなく、トレードマークやデザインについても適切に保護を図っています。ROHM SEMICONDUCTORという企業ロゴだけでなく商品ブランドに関しても、商標法などの法律面については、法務・知的財産部が出願から権利化およびその保護を担当しています。例えば、ロームのLEDについては「PICOLED(ピコレッド)」という商標を取得し、ロームブランドとしての商品展開を法律面からサポートしています。また、LED照明などについても積極的に意匠登録出願を行い、デザインの保護にも注力しています。

なお、中国での知的財産権問題に対応するため、現地における商標権保護をより強化する目的で、防護的な出願を行うなどの対策を講じています。