1. >
  2. >

CSRの目標・計画と実績

ロームグループのCSR 重点課題

ロームグループではISO26000に基づいたグローバルなCSRマネジメントを目指しています。そのために体制の強化を進めるとともに、ISO26000に準拠し、バリューチェーンを見渡して重点課題を析出し、取り組みテーマ、計画、目標を設定しています。

(1)革新的な製品による社会的課題の解決
(2)高品質な製品の安定供給
(3)国際社会に貢献できるグローバル人財の育成
(4)バリューチェーンにおける人権尊重の徹底と労働慣行などへの配慮
(5)地球環境に配慮した事業活動の推進
(6)事業を通じた地域コミュニティへの貢献

ISO26000
中核主題
取り組みテーマ
2014年度目標・計画
2014年度実績 評価 2015年度目標・計画 指標の範囲 該当するG4のカテゴリと側面 該当するG4の指標(2014年度実績)
組織統治 CSRマネジメント体制の維持・向上 CSR体制の強化
  • 国内生産6拠点にてEICC監査を受審する。
  • ローム本社を含む国内主要生産8拠点にてEICC監査を受審。
  • ローム本社において、CSR本部を新たに設置。
★★★
  • 海外主要生産6拠点にてEICC監査を受審する。
  • EICC監査に対して監査マニュアルを策定し、グループの底上げを図る。
ローム - 環境ページにて開示
国際的なイニシアティブ・ガイドラインに基づいたCSR活動の推進
  • EICC監査対応研修を実施する。
  • 2013年度にCSR研修を実施していない拠点(アメリカ、台湾、韓国)で実施する。
  • CSR月間を通じてCSR意識調査、CSReラーニングを実施する。
  • ローム本社を含む国内主要生産8拠点にて、社員、請負社員、常駐お取引先様へEICC監査対応研修を実施。
  • 2013年度未実施の海外拠点においてCSR研修を実施。
  • CSR月間を通じてCSRについての意識調査・教育を実施。
★★★
  • 海外主要生産6拠点にてEICC監査対応研修を実施する。
  • CSR月間に部署別勉強会などを開催しロ-ムグル-プ行動指針の理解度を更に高める。
品質マネジメントシステムの維持・向上
  • ISO9001マネジメントシステムを継続して維持・向上させる。
    ※車載向け製品はISO/TS16949マネジメントシステムも維持・向上させる。
  • ISO9001品質マネジメントシステムを維持・向上し、ISO9001およびISO/TS16949の認証を更新。
★★★
  • ISO9001品質マネジメントシステムを継続して維持・向上させる。
    ※車載向け製品はISO/TS16949マネジメントシステムも維持・向上させる。
環境マネジメントシステムの維持・向上
  • ISO14001マネジメントシステムをロームグループで継続して維持・向上させる。
  • ローム横浜テクノロジーセンターおよびラピスセミコンダクタのISO14001拡大認証を取得。
★★★
  • ISO14001マネジメントシステムをロームグループで継続して維持・向上させる。
  • ISO14001:2015版への対応を推進する。
労働安全衛生マネジメントシステムの維持・向上
  • 国内・海外主要生産拠点へのOHSAS18001自己認証展開を促進する。
  • 客観性を高めるため、自己宣言認証から第三者認証取得に計画を変更し、取得へ向け体制を整備。
★★★
  • 国内・海外主要生産拠点においてOHSAS18001第三者認証を取得する。
情報の保護・適切な管理
  • セキュリティレベルの継続的な向上に向け、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証更新を行う。
  • ISO27001認証を更新。
★★★
  • 引き続きISO27001の認証の維持・更新を行う。
ステークホルダーダイアログの実施
  • 継続して政府機関/NPO/NGOとステークホルダーダイアログを開催するとともにCSVを通じて社会課題を解決できる製品開発の促進を図る。
  • 政府機関/NPO/NGOとステークホルダーダイアログを開催。(第1回京都大学-UCサンディエゴ共同シンポジウムでの共同研究の打ち合わせ/中小企業基盤整備機構と連携し、中小企業と相互の技術についてマッチング会を開催など)
★★★
  • NPO/NGOなどから講師を招き、CSVに関する勉強会を企画・開催する。
労働・倫理のマネジメントシステムの展開
  • 引き続きロームグループにおいて労働と倫理のマネジメントシステムを展開する。
  • ローム本社およびロームグループ主要生産拠点に労働・倫理に関する専門委員会を設置しマネジメントシステムを運用。
★★★
  • 引き続きロームグループにおいて労働・倫理のマネジメントシステムを展開する。
人権/
労働慣行
人権の尊重
  • (2014年度目標・計画は「公正な事業慣行」へ移動)
  • EICC行動規範における人権尊重の項目に基づきEICC勉強会の開催と、EICC監査を受審。
  • CSR調達セルフアセスメント実施。
-
  • 海外主要生産6拠点にてEICC監査を受審し人権の尊重について更なる強化を図る。
ロームグループのお取引先様 (4)サプライヤーの人権評価 G4-HR10、11 2014年度CSR調達セルフアセスメント結果(項目:人権)
A評価:111社、A-評価:18社、B評価:12社、C評価:0社、D評価:0社
国内生産拠点(4)保安慣行 G4-HR7業務関連の人権方針や手順について研修を受けた保安要員の比率:100%
ダイバーシティの推進/働きやすい職場環境の整備
  • 女性が活躍できる職場風土づくりと人事制度の見直しを行う。
  • 全社員の循環的な成長を目指した、組織風土変革推進委員会による風土改善を実現する。
  • 柔軟な短時間勤務制度の導入など、女性の働きやすい職場、制度づくりを推進。
  • 組織風土変革推進委員会を通じて社員からの活発なフィードバックを促進。
★★★
  • 多様な価値観に合わせた働き方を実現する人事コース制度の整備。
  • 社員の「ライフ」全般を支援するセミナーを開催、福利厚生サービスの拡充。
  • 組織の壁を越えた社員間の活発な交流を促進する施策の実施。
ローム (3)雇用 G4-LA3 出産・育児休暇後の復職・定着率:復職率94%、定着率100%
グローバルビジネスを担う人材の育成
  • 次世代リーダー研修の若年層(第二階層)への展開を図る。
  • グローバル人財の確保に向け、欧米・アジア各国における採用活動を積極化させる。
  • 語学学習支援(環境や機会提供)を継続する。
  • グループ全体の情報共有を実現する、グローバル人事システム構築に向けた検討を行う。
  • 次世代リーダー研修を若年層へ新規実施。
  • 欧米・中国などで多様な人財の採用活動を展開。
  • 企業内語学スクールなど、社内のグローバル教育を強化。
  • グローバル人事システムの導入に着手。
★★★
  • 次世代リーダー研修の選抜対象を拡大する。
  • グローバル共通の等級制度の展開による人財の発掘・育成を進める。
  • 海外での採用活動の拡大を通じたグローバル人財の発掘・育成を進める。
ローム (3)多様性と機会均等 G4-LA12 外国人従業員比率:1.47%
安全で働きやすい職場環境の構築
  • ロームグループにおける労働災害発生件数ゼロを継続するため、労働安全衛生マネジメントシステムを展開する。
  • 公正、透明な人事、給与制度を導入する。
  • 適切な労務管理を実現するため、新たな勤務管理システムの運用を定着させる。
  • OHSAS18001第三者認証を取得するため、労働安全衛生マネジメントシステムの構築を推進中。
  • 2014年4月からの公正な評価、処遇を目的とした新人事・給与制度を一部導入。
  • 労働時間管理をより適正化するため、2014年4月から新勤務管理システムを導入。
★★★
  • 労働災害発生ゼロに向けて国内・海外主要生産拠点においてOHSAS18001認証を取得する。
  • 新人事・給与制度を全社員へ展開する。
ローム (4)労働安全衛生 G4-LA6、7 <ローム[女性,男性]>
傷害の種類:切傷、障害率:[0.00000075,0]、業務上疾病率:[0,0]、休業日数率:[0,0.000084]、欠勤率:[0.0119,0.0068]、業務上の死亡者数:[0,0]
<請負会社[男性のみ]>
傷害の種類:なし、障害率:[0]、業務上疾病率:[0]、休業日数率:[0]、欠勤率:[0.0037]、業務上の死亡者数:[0]有害性のある業務に携わっている労働者の有無:有(対象者:422名)
環境 「2020年度に向けた中期目標」を軸とした施策の展開 拠点におけるCO2対策
  • CO2排出量を、2014年度生産量に応じた予測値より1%削減する。
  • CO2排出量原単位を、2013年度実績より1%削減する。
  • 温室効果ガス(PFCs、SF6など)排出量を、2014年度生産量に応じた予測値より1%削減する。
  • CO2排出量は、生産量に応じた予測値より1.5%削減。
  • CO2排出量原単位は、2013年度実績より6.0%削減。
  • 温室効果ガス(PFCs、SF6など)排出量は、生産量に応じた予測値より1.2%削減。
★★★
  • CO2排出量を、2015年度生産量に応じた予測値より1%削減する。
  • CO2排出量原単位を、2015年度に2014年度実績より1%削減する。
  • 温室効果ガス(PFCs、SF6など)排出量を、2015年度生産量に応じた予測値より1%削減する。
ロームグループ (5)大気への排出 G4-EN5、15、16、17、18、20、21 間接的な温室効果ガス排出量
スコープ1 CO2排出量:52,580 t-CO2
スコープ2 CO2排出量:520,899 t-CO2
スコープ3 CO2排出量:832,635 t-CO2(カテゴリ1,3,4,5,6,7)
スコープ1,2排出量原単位:0.508(t-CO2/百万円)
2014年PFCガス排出量(GWP-t):106,003 t-CO2
バリューチェーンを通じたCO2対策
  • スコープ3基準に準じた温室効果ガス運用モデルを策定し排出量を公開する。
  • GHGプロトコルのスコープ3に準じた温室効果ガス排出量算出を検討し、運用モデルを策定する。
  • 売上高に占める環境配慮型製品の割合を60%にする。
  • スコープ3基準に準じて、6カテゴリの温室効果ガス排出量を算定、公開。
  • 売上高に占める環境配慮型製品の割合は62.9%。
  • CSR調達セルフアセスメントツール実施。
★★★
  • スコープ3基準に準じた温室効果ガス運用モデルを策定し公開カテゴリを拡大する。
  • 開発製品に占める環境配慮型製品の割合を2015年度に75%とする。
ロームグループのお取引先様 (5)サプライヤーの環境評価 G4-EN32、33 2014年度CSR調達セルフアセスメント結果(環境)
A評価:131社、A-評価:8社、B評価:0社、C評価:1社、D評価:0社、未回答:1社
環境汚染物質の削減
  • PRTR対象物質取扱量原単位は、2013年度実績を維持する。
  • VOC排出量を、2014年度生産量に応じた予測値より1%削減する。
  • PRTR対象物質取扱量原単位は、2013年度実績より6.5%削減。
  • VOC排出量は、生産量に応じた予測値より16.2%削減。
★★★
  • PRTR対象物質取扱量原単位は、2014年度実績値を維持する。
  • VOC排出量を2015年度生産量に応じた予測値より1%削減する。
ロームグループ (5)排水および廃棄物 G4-EN23 2014年国内廃棄物排出量:6,783t
2014年海外廃棄物排出量:5,232t
資源の有効活用
  • 海外連結で廃棄物排出量原単位は、2013年度実績値を維持する。
  • 水の投入量を、2014年度生産量に応じた予測値より1%削減する。
  • 国内連結でゼロエミッションを維持し、廃棄物排出量原単位の2013年度実績を維持する。
  • 海外連結の廃棄物排出量原単位は、2013年度実績より7.4%削減。
  • 水の投入量は、生産量に応じた予測値より6.5%削減。
  • 国内連結でゼロエミッションを達成し、廃棄物排出量原単位は2013年度実績より8.7%削減。
★★★
  • 海外連結で廃棄物排出量原単位は、2014年度実績値を維持する。
  • 水の投入量を、2015年度生産量に応じた予測値より1%削減する。
  • 国内連結でゼロエミッションを維持し、廃棄物排出量原単位の2014年度実績を維持する。
ロームグループ (5)水 G4-EN8 2014年総取水量:9,945千m3
(5)エネルギー G4-EN3 2014年度電力使用量:1,378,041MWh
エネルギー消費によるCO2排出量:573千t-CO2
グリーン調達ガイドラインに則った化学物質管理の徹底
  • ガイドライン指定物質の不使用/使用量遵守を継続する。
  • ガイドライン指定物質の不使用/使用量遵守を継続。
  • CSR調達セルフアセスメント実施。
★★★
  • 新ガイドラインを発行し、グループ全体での運用徹底を図る。
ロームグループのお取引先様 (5)サプライヤーの環境評価 G4-EN32、33 2014年度CSR調達セルフアセスメント結果(環境)
A評価:131社、A-評価:8社、B評価:0社、C評価:1社、D評価:0社、未回答:1社
公正な事業慣行 「ロームグループ行動指針」に基づいた公正な事業活動を推進 コンプライアンス体制の強化
  • 階層別コンプライアンス教育を継続実施する。
  • 社員向け「リーガルeラーニング」を実施する。
  • CSR月間においてコンプライアンスの啓発活動を継続実施する。
  • 「法務ガイドブック」を活用したロームおよびロームグループ国内生産拠点での教育・啓発活動を継続実施する。
  • 海外において2013年度に改訂した「Compliance Training Program」を使用した教育活動を実施する。
  • 階層別教育などで贈収賄に関する教育を継続実施する。
  • 新入社員から新任管理職までの階層別コンプライアンス研修を継続実施。
  • EICCに関連した社員教育として労働および倫理に関する「eラーニング」を実施。
  • 10月の「CSR月間」において、「法務ガイドブック」などを活用した職場教育を実施。
  • 改訂した「Compliance Training Program」を使用した教育を海外関係各社において実施。
  • 階層別研修の中で、贈収賄防止に関する教育を実施。
★★★
  • 階層別研修を継続実施する。
  • 社員向け「リーガルeラーニング」を継続実施する。
  • CSR月間においてコンプライアンスの啓発活動を継続実施する。
  • 階層別教育などで贈収賄に関する教育を継続実施する。
ロームグループ (4)腐敗防止 G4-SO4 腐敗防止の方針を含む「ロームグループ行動指針」を7ヵ国語に翻訳し、海外を含む全グループ会社全社員に配布。
階層別研修において腐敗防止の方針を含む「ロームグループ行動指針」の啓発を実施(2014年度は、本社316名が受講)。
コンプライアンス・ホットラインについては、コンプライアンスページに記載。
公正な競争・取引
  • CSR調達セルフアセスメントを継続実施し、時系列に分析し適切な回答を行う。
  • 紛争鉱物報告テンプレートを用いた調査を継続するとともに、調査内容を細分化する。
  • CSR調達セルフアセスメントを継続。項目ごとの傾向分析を実施。
  • 海外お取引先様に対し、EICC基準に基づくCSR調達監査をグループ会社で試行実施。
  • 紛争鉱物調査におけるデータベース化、プロダクトレベル検索可能環境の構築。
  • グローバルで取引基本契約書の締結を目標に締結作業継続。
  • CSR調達のホームページ掲載開始。
★★★
  • 全グループ会社でCSR調達監査・再監査の伸張。
  • 外注加工先様へのCSR調達活動開始。
  • 紛争鉱物調査を継続。
  • 阻害要因対策を行いながら取引基本契約書締結率98%超を目標に継続。
  • CSR調達セルフアセスメント継続。
  • お取引先様へセルフアセスメント結果のフィードバック。
ロームグループのお取引先様 (4)サプライヤーの社会への影響評価 G4-SO9、10 2014年度CSR調達セルフアセスメント結果(項目:倫理/危機管理体制の構築)
A評価:76社、A-評価:25社、B評価:30社、C評価:6社、D評価:4社
(4)サプライヤーの人権評価 G4-HR10、11 2014年度CSR調達セルフアセスメント結果(項目:人権)
A評価:111社、A-評価:18社、B評価:12社、C評価:0社、D評価:0社
(4)サプライヤーの労働慣行 評価G4-LA14、15 2014年度CSR調達セルフアセスメント結果(項目:労働慣行〔安全衛生〕)
A評価:136社、A-評価:3社、B評価:2社、C評価:0社、D評価:0社
消費者課題
(お客様への対応)
製品品質の確保
  • 新製品の設計品質の更なる向上と品質問題の徹底した分析、継続的な改善活動を実施する。
  • 不具合の徹底した真因追究で、再発防止を図るための恒久対策と水平展開を実施。
  • 新製品設計時のデザインレビューで、過去不具合の分析で問題発生の未然防止を含めた品質改善活動を推進。
★★★
  • 新製品の設計品質の更なる向上と品質問題の徹底した分析で、品質改善活動を継続して推進する。
ロームグループ (2)コンプライアンス G4-PR9 PL法の違反に対する件数・罰金:なし
環境法規則の違反に対する件数・罰金:なし
安定供給のためのBCM(事業継続マネジメント)体制の維持・向上
  • BCP(事業継続計画)の見直しを行い、教育訓練によって浸透を図る。
  • 事業活動におけるリスクを10段階評価したリスクマップを定期更新。
  • ローム一斉避難訓練およびBCM対策本部訓練を2014年度も実施。
  • リスクコンサルティング会社を招き、ロームにおいて講演会を2回開催。
★★★
  • 主要生産拠点が抱えるリスクの再調査を実施する。
  • BCPの見直しを行い、教育訓練によって浸透を図る。
- (2)間接的な経済影響 G4-EC8 極めて重要なリスクとして「災害による生産拠点などの操業停止や減産がお客様や社会全体に及ぼす悪影響」を想定。
お客様から求められるニーズを的確に把握し、世界をリードする製品を開発
  • CSV(共通価値の創造)について全社員に浸透するための施策を実施する。
  • ハーバードビジネススクールの竹内教授を招き、CSV講演会実施。
  • 社内啓発ビデオを制作し、ローム本社全社員が視聴済み。
  • 社内報において、ロームのCSVに関する特集記事を掲載。
  • スコープ3基準に準じた排出量の公開。
★★★
  • CSVについて事例集を作成しグループ各社に水平展開する。
  • 階層別教育などを通じて社会的課題と自らの業務との関連を明確にし、CSVの重要性の理解度を高める。
ローム (1)製品およびサービス G4-EN27 開発製品に占める環境配慮型製品の開発割合:70%
コミュニティへの参画および発展 良き企業市民として社会の発展や健全化に貢献 音楽文化の普及・発展への貢献
  • 音楽文化に関する支援を継続する。
  • 地元京都の京都市交響楽団演奏会ほか、多くのコンサートへの協賛を実施。
  • 小澤征爾音楽塾(若い音楽家の育成プロジェクト)を支援、また同プロジェクトで2014年度より新しく京都市の小学生を対象とした子どものためのオペラを支援。
  •     
  • 公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションの事業を支援。
★★★
  • 音楽文化に関する支援を継続する。
ロームおよび地域の皆様 (6)地域コミュニティ G4-SO1 1960年4月の開館以来、50年以上にわたり京都の「文化の殿堂」として市民に愛され、世界に冠たる文化・交流ゾーンである、京都市左京区の岡崎地域に位置する貴重な文化財産である京都会館を利用者のニーズに応えるよう京都市が全面的な再整備を行うにあたり、50年間(52億5千万円)の命名権取得を通じて支援。
広く社会のニーズに対応した適切な寄付や賛助活動
  • 社会のニーズをとらえた適時・適切な寄付・賛助活動を継続する。
  • ロームシアター京都ネーミングライツ取得を通じて、京都会館の再整備を支援。
  • 京都サンガF.C.や京都学生祭典のスポンサー企業として地域貢献。
  • マレーシアのコタバル市で発生した洪水被害に対する義援金寄贈を現地子会社と実施。
★★★
  • 社会のニーズをとらえた適時・適切な寄付・賛助活動を継続する。
地域社会からの要請に応じた活動
  • 継続して地域社会への支援、産官学連携の場の提供に努める。
  • 社員参加型のモノづくり授業を開始する。
  • ローム本社の若手社員が講師となり、小学生向けモノづくり授業・環境学習授業を実施。その他、高校生や大学生を対象に社員による講義を実施(総計1,923名)
  • ローム記念館における大学生の研究プロジェクト支援。大学への奨学金設立。
  • ありがと本活動を通じ、東日本大震災の復興を支援(2015年3月時点で計1万5千点以上を寄付)。
★★★
  • 継続して地域社会への支援、産官学連携の場の提供に努める。
  • モノづくり教育のコンテンツを再考し、学生に興味のある教材を提供する。
  • 地域に根差した社会貢献活動を展開する(積極的なボランタリー事例など)。
ロームグループ モノづくり授業や工場見学などの地域社会からの要請に対して取り組みを実施した割合:100%

(評価基準)
★★★:目標・計画を達成 ★★:目標・計画と実績に軽微なずれが生じた :目標・計画と実績に大幅なずれが生じた