CGIC(クロックジェネレータIC)

システムに必要なクロックをすべて供給 クロックジェネレータLSI BU7335MWV

クロックジェネレータLSI「BU7335MWV」は、ローム独自の周波数精度の高いPLL技術(特許技術)を採用し、またEMI対策としてはSS(Spread Spectrum)技術も盛り込むことで、「インテル®AtomTM プロセッサー E600 番台」のプラットフォームに最適な1チップクロックシステムを実現できるICです。CPU(3ライン)に加えて、PCIe、SATA、Graphic(1ライン)、USBなどチップセットに必要なクロックを全て内蔵。BD9591AMWV/BD9594AMWVからのコントロールによりシーケンス制御が可能です。

 特長
  • 5chPLLを1chip化し必要なクロックを全て生成。
    CK505規格に準拠した低Jitterクロックを実現。
  • SpreadSpectrum機能を内蔵。
    セットのEMIノイズ低減に貢献します。
  • BD9594AMWV/BD9591AMWVのPMICとの組み合わせで
    プラットフォームをサポートします。
UQFN64AV8080
 機能ブロック(BU7335MWV)

機能ブロック(BU7335MWV)

 周波数一覧表
  Function Wave Form Spread
Spectrum
BU7335MWV
Output Clocks
CPU Processor 0.8V differential 100MHz/83.33MHz
Processor 0.8V differential 100MHz/83.33MHz
PCI Express 0.8V differential 100MHz
Display & Audio 0.8V differential - 96.00MHz
Timers & HPET 3.3V differential - 14.318182MHz
PCH PCI Express 0.8V differential 100MHz
SATA 0.8V differential 100MHz/75MHz
Ether 3.3V differential - 25MHz
System 3.3V differential - 48MHz
Option0 MCLK 3.3V differential - 12.288MHz
Option1 ITP Header 0.8V differential 100MHz/83.33MHz
Option2 PCI Express 0.8V differential 100MHz
Option3 PCI Express 0.8V differential 100MHz
Option4 PCI Express 0.8V differential 100MHz
■フライヤのダウンロード
 •  BD959x Series / BU733x Series  (PDF:462KB)
組込み用途向け インテル® ™ プロセッサーE600 番台用 チップセットについて IOH(Input-Output Hub)
PMIC(パワーマネジメントIC) CGIC(クロックジェネレータIC)
Reference Board 採用事例

詳細資料の請求について