CEATEC JAPAN 2014 特別セミナー

10/7(火) テーマ:ウェアラブル

既成の概念にとらわれず、ユニークなコンセプトを追及して開発されたスマートウォッチ「VELDT SERENDIPITY」(ヴェルト・セレンディピティ)。
開発者の想いはどのようにして実現されたのか、価値創造を実現するものづくりを、コンセプト・デザイン・マネジメントをキーワードに創業者が解説します。

Guest Seminar
13:30~14:15

「VELDT SERENDIPITY」ネット依存をリバランスする日本発のデザインスマートウォッチ

野々上 仁
株式会社ヴェルト(VELDT Inc.)代表取締役CEO 野々上 仁
■略歴
1968年生まれ。京都大学経済学部を92年に卒業後、三菱化成(現・三菱化学)で
光ディスク営業を担当。MDの透明ケースの発案者でもある。
ネットワークコンピューティングと出合い96年サン・マイクロシステムズに入社し、
同社の顔として活躍。2010年のオラクルによる買収後は執行役員を務めた。
12年独立しヴェルトを設立。
ROHM Seminar
14:15~14:30

ウェアラブルで実現するヘルスケア(特別招待セミナー番外編)

ロームの開発するバイタルセンサの紹介に加え、ウェアラブルデバイスに求められるバイタルセンサについて野々上氏に伺います。

※セミナー終了後、歓談会がございます(40分間)

会場マップ
ホール6 キーテクノロジステージ ロームブース(ブースNO.6K177)
セミナー会場
2014ロームブース

 

セミナーの応募を締め切らせて頂きました。