CEATEC JAPAN 2014 特別セミナー

10/9(木) テーマ:SiCパワーデバイス

SiCのパワー半導体の可能性を引き出すための回路技術についての講演。
素子ごとの特性から、損失を抑えるための手法などSiCデバイスの特性を生かした効果的な使い分け方などについて解説いただく。

Guest Seminar
13:30~14:15

SiC MOSFETのゲート駆動回路と応用のポイント

  • 1. Si/SiCデバイス・パワーモジュールの特性

  • 2. SiCパワーデバイスのアプリケーション

    • ・ DC-DCコンバータ(双方向コンバータ、同期整流回路)
    • ・ DC-ACインバータ(電圧形)
  • 3. MOSFETのゲート駆動回路と方式
  • 4. 高速スイッチング動作特性と留意点
舟木 剛
大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻
システム・制御工学講座 パワーシステム領域 教授 舟木 剛
■略歴
1991年 大阪大学工学部電気工学科卒業。同 大学院工学研究科 電気工学専攻 博士課程 修了後、
京都大学助教授を経て、2008年より 大阪大学教授。研究内容は、パワー半導体のモデリング・実装、
電力変換回路の動作解析と制御、電力変換回路のEMC設計・評価、直流送電による電力系統制御や
電力・エネルギーシステムの安定性解析と最適設計など。
ROHM Seminar
14:15~14:30

最新ゲートドライバのご紹介

ロームエンジニアによる新製品のご紹介

※セミナー終了後、歓談会がございます(40分間)

会場マップ
ホール6 キーテクノロジステージ ロームブース(ブースNO.6K177)
セミナー会場
2014ロームブース

 

セミナーの応募を締め切らせて頂きました。