CEATEC JAPAN 2014 特別セミナー

10/9(木) テーマ:EV

インターネットにつながるコネクテッドビークルから、新たなビジネスが始まろうとしている。
クルマから家、さらには街づくりにまで広がるモビリティビジネス。車のスマート化が大きなビジネスチャンスをもたらそうとしている。

Guest Seminar
11:00~11:45

大変革期を迎えるモビリティビジネスと将来展望

  • 1. e-モビリティにシンクロニシティが起き始めている
  • 2. 新しい価値を求めて、技術開発競争が激化
  • 3. クルマ、家、街作りにまで広がるモビリティ関連ビジネス
和田 憲一郎
日本初のe-mobilityコンサルタント エレクトリフィケーション コンサルティング代表 和田 憲一郎
■略歴
1989年に三菱自動車に入社後、主に内装設計を担当。
2005年に新世代電気自動車の開発担当者に任命され「i-MiEV」の開発に着手。
2007年の開発プロジェクトの正式発足と同時に、MiEV商品開発プロジェクトの
プロジェクトマネージャーに就任し、2009年に開発本部 MiEV技術部 担当部長、
2010年にEVビジネス本部 上級エキスパートとなる。その後も三菱自動車のEVビジネスをけん引。
電気自動車やプラグインハイブリッド車の普及をさらに進めるべく、
2013年3月に同社を退社して、同年4月に車両の電動化に特化した
エレクトリフィケーション コンサルティングを設立した。

ROHM Seminar
11:45~12:00

車載向け汎用ICのご紹介

ロームエンジニアによる新製品のご紹介