展示製品

当ページ以下の情報は、会期中の情報として掲載させていただいております。予めご了承ください。

一押し製品

世界最小シリーズ 世界最小シリーズ コーナー 世界最小シリーズ 0402サイズショットキーバリアダイオード SMD0402
世界最小シリーズ コーナー
概要
ロームはRASMID®シリーズの特長である新工法を使用し、スマートフォンなどのモバイル機器向けに高密度実装を可能とした業界最小クラスのショットキーバリアダイオード0402 サイズ(0.4×0.2mm)を開発しました。
従来の0603 サイズ(0.6mm×0.3mm)に比べて、55%のサイズダウンに成功。スマートフォンをはじめ、携帯電話、DSC などの小型・薄型化が求められるあらゆる機器の高機能化、小型化に大きく貢献します。
特徴
独自のプロセス技術により、
世界最小クラスダイオードを開発
0.4×0.2(mm) サイズを実現
電極を、耐腐食性に優れた、金電極の採用により半田塗れ性、及び信頼性が向上
チップ寸法精度±20μm から±10μm へ精度向上
既存マウンター自動機にて実装可能
詳細はこちら
03015サイズチップ抵抗器 SMR003
世界最小シリーズ コーナー
概要
従来の抵抗器製造技術ではなく、独自の微細化技術により製造システムを開発するとともにダイシング方法の見直しを行い、切断プロセスにおけるパッケージ寸法の公差を±10μm と大幅に低減しました。
寸法精度の向上により実装時の吸着エラー低減に貢献するだけでなく、電極に耐腐食性に優れた金を採用す ることで半田の塗れ性も向上し、安定した実装が可能になります。
これらにより、一般的に1 台あたり数百個の抵抗器が搭載されているといわれているスマートフォンをはじ め、各種モバイル機器の高機能化、小型化に大きく貢献します。
特徴
独自のプロセス技術により、世界最小チップを開発
0.3× 0.15(mm) サイズを実現
電極を、耐腐食性に優れた、金電極の採用により半田塗れ性、及び信頼性が向上
チップ寸法精度±20μm から±10μm へ精度向上
電極表面に金を採用し、半田塗れ性、信頼性が向上
詳細はこちら
0201サイズチップ抵抗器 SMR002
世界最小シリーズ コーナー
概要
従来の寸法精度では、実装時の品質が、安定しないため昨年度開発した、03015 チップ抵抗器の加工技術をさらに磨きをかけ、パッケージ寸法公差を±5um以下まで、改良を行っています。パッケージサイズは、0402 体積比で1/5 まで、シュリンクし、また、電気特性は、従来からの抵抗値を保証し、さらなる機器の小型化に貢献していきます。
特徴
独自のプロセス技術により、世界最小チップを開発
0.2×0.1(mm) サイズを実現
電極を、耐腐食性に優れた、金電極の採用により半田塗れ性、及び信頼性が向上
チップ寸法精度±20μm から±5μm へ精度向上
 

10月1日(火)~10月5日(土)
午前10時〜午後5時
幕張メッセ
キーテクノロジステージ
半導体・デバイスゾーン
Hall 1-3 ブース No.2B40