| ローム株式会社 - ROHM Semiconductor
最先端IT・エレクトロニクス総合展 CEATEC JAPAN

CEATEC JAPAN 2016 ブース出展のお知らせ

CEATEC AWARD 2016

ロームグループのラピスセミコンダクタは、酸性度(pH値)、水分量、温度の土壌環境を測定できる世界初のセンサチップと、920MHz帯の無線通信モジュール、太陽電池を備えた土壌環境センサを開発しました。

従来の土壌環境調査は、土壌を実際に採取した後、評価施設に持ち帰り分析する必要がありました。このため、数メートルの移動で大きく変化する土壌環境のリアルタイム測定や広範囲の土壌データを同時に取得することは困難でした。

本センサのセンシング部には、酸性度(pH)、水分量、温度の各センサチップを半導体基板上で1チップ化し、小型集積化したものを搭載しています。大規模な評価施設を配備することなく地中に直接埋め込むことで、計測した土壌環境データを無線通信によりリアルタイムでモニタリングできるため、IoT化による農産物の生産性向上と防災対策などの社会インフラ監視に貢献します。

なお、本センサは、現在、大学や研究機関等にご協力いただき、製品化に向けた実証実験を進めております。

CEATEC AWARD 公式ページ
世界初※土壌環境のリアルタイムモニタリングが可能な土壌センサを開発(LAPIS)

これまでの受賞歴Past Awards

2015年

テクノロジ・イノベーション部門 [準グランプリ]
超軽量・超省エネのマイコンボード
「Lauzurite Fly」が実現する折り鶴型飛行体

2014年

ソーシャル
イノベーション部門
[準グランプリ]
Wearable Key Device

2013年

コアテクノロジ部門 [グランプリ]
固体水素源型燃料電池システム
[準グランプリ]
SiCパワーデバイス搭載 DC-DCコンバータ

2012年

次世代イノベーション・
キーテクノロジ部門
[グランプリ]
CIGSイメージセンサ
スマート・
キーテクノロジ部門
[グランプリ]
世界最小!自動車搭載用SiC パワーモジュール

2011年

省エネ・創エネ・蓄エネ部門 [グランプリ]
室内発電向け色素増感光電変換デバイス
| ローム株式会社 - ROHM Semiconductor

受賞

CEATECアワード 2016

SNS

ROHM Engineering Tips

バナー - Tech Web バナー - Device Plus バナー - エレクトロニクス豆知識