1. >
  2. >

A/Dコンバータとは? 基本形1(フラッシュ型)

動作

あらかじめ2N-1個に分圧された基準電圧とアナログ信号を比較器(コンパレータ)で同時に比較を行い、比較結果をエンコーダでデジタル信号に変換します。

特徴

  • アナログ信号を一度にデジタル信号に変換するため、アナログ信号を標本化する回路(S&H回路)が不要です。
  • A/Dコンバータ基本形の中で最も高速に変換可能です。(サンプリング周波数が1GHz以上でも可能です。)
  • Nビットの分解能では2N-1個の比較器(コンパレータ)が必要となり、回路規模や消費電力が大きくなってしまうため、分解能は8ビット程度が限界です。

A/Dコンバータの基本形1 (フラッシュ型)イメージ

A/Dコンバータ製品詳細ページへ

エレクトロニクス豆知識